泡瀬干潟を守る連絡会

事務所 〒904−2161 沖縄県沖縄市字古謝1171-3 コーポMK 1階 地図

TEL&FAX:098-939-5622 事務局携帯:090−5476−6628
 E-mail:save_awasehigata@yahoo.co.jp

■ 連絡会規約・役員等
泡瀬干潟を守る連絡会 第2回定例総会報告 2002.5.21

赤字部分は第3回定期総会(03.07.22)修正部分


 顧問(若干名)    
香村眞徳(琉球大学名誉教授)
土田武信(ジュゴンネットワーク沖縄、沖縄大学助教授)
吉川博也(沖縄大学教授)

代表(共同代表、2人) 
小橋川共男(写真家)
漆谷克秀(沖縄国際大学教授)…新
副代表(若干名)  
吉里伸(沖縄野鳥の会)
池原秀明(沖縄市議会議員)
亀山統一(日本科学者会議沖縄支部)
比嘉弘(ジュゴンネットワーク沖縄)
石川栄喜(環境活動家)
  
事務局長(1名) 前川盛治
 
事務局次長(若干名)
當間秋子(うるま市議会議員・元)
屋良朝敏(那覇市職労) 

幹事(各団体1人、及び個人)
個人 
団体 

沖教組中頭支部(新加入、04年8月
高教組中部支部
ジュゴンネットワーク沖縄( 譜久里茂  )
沖縄野鳥の会
日本科学者会議沖縄支部
共産党中部地区委員会
中部協同病院
沖縄民主商工会
医療生協沖縄市支部


泡瀬干潟を守る連絡会 会則 02.5.21
              改正 03年7月22日
(名称)
第1条 この会の名称は、「泡瀬干潟を守る連絡会」とする。

(目的)
第2条 この会は、「中城湾港(泡瀬地区)公有水面埋め立て事業」を中止させるための活動をすすめる。
ア 環境影響評価法に基づいた環境影響評価の実施
イ 事業の必要性と事業計画の再検討(干潟及び海草藻場等の保全、クビレミドロ・ホソウミヒルモ(03追加)等の保全、企業誘致用地の見直し、諸施設の見直し等)
ウ 米軍制限水域の解除要求
エ 住民との対話及び合意形成
オ 当面の事業の凍結
カ 訴訟 

(事務所)
第3条 この会の事務所を沖縄市内におく。

(構成)
第4条 この会の目的に賛同し活動を推進する沖縄市民、沖縄市内各団体、中部地区労加盟団体、県内外環境保護各団体、及び県内外の個人をもって構成する。

(活動)
第5条 この会の目的を達成するため次の活動を行う。
(1) 「中城湾港(泡瀬地区)公有水面埋め立て事業」を中止させるための運動及び宣伝・啓蒙活動
(2) 会員及び賛同者の拡大
(3) その他目的達成に必要な諸活動

(役員)
第6条 この会に次の役員をおく。
(1) 代表 3名
(2) 副代表 若干名
(3) 事務局長 1名
(4) 事務局次長 若干名
(5) 幹事 各団体1名及び個人幹事
(6) 会計監査 若干名
(7) 顧問若干名

(会議)
第7条 この会の最高決議機関は総会とする。総会の間、この会を運営するために、三役会議、事務局会議及び幹事会を必要に応じて開催する。
(1) 三役会議は、代表、副代表、事務局長及び事務局次長をもって構成する。
(2) 事務局会議は、事務局長及び事務局次長をもって構成する。
(3) 幹事会は、全役員をもって構成し、重要事項を決定する。(但し、会計監査、顧問を除く・03年追加

(専門機関)
第8条 この会に、環境調査、土地利用・まちづくり等の専門機関を置く。

(財政)
第9条 この会の財政は、加盟団体の分担金、個人の会費、及び寄付金等をもってあてる。

(施行)
第10条 この会則は、2002年 5月 21 日から施行する。
          2003年7月22日から施行する