newsub11 沖縄総合事務局

 

南海トラフ地震沖縄県被害沖縄総合事務局20140306  2015年度工事(進捗状況、工事予定)

20130306フジイロハマグリ報告         

2012埋め立て工事

20120224保全創造検討委員会

20110926環境監視委員会  20111028日からの浚渫、楊土工事

 

変更手続き書類2011426(A4,4)

 

1.    泡瀬干潟埋立のために作られた委員会(環境監視委員会、環境保全・創造検討委員会、海藻草類専門部会など)の資料

   全ての委員会の会議資料が全て掲載されています。容量が大きいですから、気をつけてください(出るまでには時間がかかります)。

   沖縄総合事務局・中城湾出張所のHP  

http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/menuIndex.jsp@id=143&menuid=141&funcid=28.html

 

沖縄総合事務局・中城湾出張所のHPが上記に変わりました。従って、下記の資料も変更が必要ですが、しばらくお待ち下さい。

 

2.「干潟は2%しか埋められない」ことについて

今、市・県・国は埋められる干潟の面積は僅か2%であるから、干潟・自然環境は保全されると喧伝(けんでん)しています。しかしそれは生態系を理解しない非科学的な理解です。干潟とそれに続く浅海域は一つの生態系としてとらえ、全体的に浄化機能などを考えるべきです。事業者もその見解でした。それが次の資料です。後半にある、U−19以降をご覧下さい。

http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/pdf/20010611/h13_siryou2.pdf

 

1区埋立で失われる海草藻場の面積(沖縄総合事務局資料による)  1区埋立で泡瀬干潟は大きなダメージを受けます。

 

3.    サンゴについて

   アセス書では、1区内は被度10%未満で保全の対象ではない、西防波堤北西部は被度10%である、などとしていました。私たち泡瀬干潟を守る連絡会)は独自の調査で、それが間違いであることを指摘しました。その指摘を受けて、事業者が調査して報告した内容です。Newsub8  沖縄市のサンゴと一緒にご覧下さい。事業者の調査報告は、下記の3034ページです。

   http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/pdf/20050712/file3_1.pdf

 

   私たちの調査報告、記者会見は下記です。

http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/pdf/20050712/file3_2.pdf

 

4.海草藻場の変化  事業者は、13年度から毎年調査して報告しています。最新の報告は下記です。容量が大きくて、見るのに時間がかかります。

  海草藻場の変化(H13年〜H21)は、238242 にあります。

http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/pdf/20100325/file2_1.pdf

 

 

 

4.    その他、必要に応じて、上記、中城湾出張所のHP  

 

http://www.dc.ogb.go.jp/nakagusukuwankou/menuIndex.jsp@id=143&menuid=141&funcid=28.html をご覧下さい。