沖縄市議会議員選挙(9月12日投開票)

前川盛治(泡瀬干潟を守る連絡会・事務局長)報告

 

912日投開票の沖縄市議会議員選挙で、泡瀬干潟を守る連絡会の関係者は全員当選しました。泡瀬干潟を守る運動が大きく前進していることを示す結果でした。泡瀬干潟埋立沖縄市案を「撤回」させ、前原大臣の埋立再開表明を「再考」させる運動をさらに広げていきましょう。

池原秀明さんの後援会副会長は小橋川共男・泡瀬干潟を守る連絡会共同代表が務めました。

桑江直哉さんの後援会副会長は漆谷克秀・泡瀬干潟を守る連絡会共同代表が務めました。

池原秀明さんの選対委員長は前川盛治(泡瀬干潟を守る連絡会・事務局長)が務めました。

桑江直哉さんの選対事務局次長はKEN子(泡瀬干潟を守る連絡会・幹事)が務めました。

 

泡瀬干潟を守る連絡会、副代表:イケハラ秀明(共産)、6期目当選

泡瀬干潟を守る連絡会、幹事:桑江直哉(無所属)、新人トップ当選

 

泡瀬干潟を守る連絡会、関係者(泡瀬干潟裁判原告)全員当選

池原秀明(共産・6期目)

桑江直哉(無所属・新)

高江洲義八(社民・新)

新垣萬徳(社民・4期目)

前宮美津子(共産・2期目)

 

1.桑江直哉、トップ当選を伝える「沖縄タイムス」

 

 

2.桑江直哉、トップ当選を伝える「琉球新報」

3.沖縄タイムス記事

 

4.当選者一覧

名前にアンダーラインは関係者(泡瀬干潟裁判の原告)

 桑江直哉(トップ)、高江洲義八(4位)、新垣萬徳(15位)、池原秀明(16位)、前宮美津子(28)

5.14日、泡瀬干潟を守る連絡会の事務所で祝勝会が行われました

  連絡会のメンバーとともに当選を喜ぶ、イケハラ秀明、桑江なおや