内閣府要請

内閣府参加者:沖縄振興局参事官鈴木勝、参事官補佐大野靖

       専門職与那覇健次、事務官本井喜一郎

要請者:泡瀬干潟干潟を守る連絡会(小橋川共男共同代表、前川盛治事務局長、水野隆夫、安部真理子、KEN子)日本自然保護協会開発法子、WWFジャパン花輪伸一、JAWAN柏木実、赤嶺政賢議員、喜納昌吉議員、山内徳信議員、糸数慶子秘書糸数和男、諫早ネット羽生洋三、国会議員秘書

内閣府回答要旨:裁判の判決、県・市が控訴したことを承知している。泡瀬埋立事業は、市・県の要請で国として事業をしている。工事の中断・中止は考えていない。(全く誠意のない、判決の重みを感じない、事業推進の回答であった。前川コメント)

環境省要請

環境省参加者:自然環境局自然環境計画課長渡邊綱雄、主査木住野泰明、総合環境政策局環境影響評価課審査官北島宏樹審査官藤井好太郎、野生生物課課長補佐小川靖志

要請者:内閣府とほぼ同じ

 

環境省回答要旨:泡瀬干潟は貴重な動植物が生息し、環境省としても重要湿地に指定している。要請の内容を検討し県の環境部局とコンタクトを取り、意見を聞き、環境省として出来ることを検討したい。これまでクビレミドロ移植や海草移植について意見を内閣府に申し上げたが、今後何が出来るか検討したい。(環境、サンゴ保全等について、少しは期待のもてる回答であった。前川コメント)