071126日市民集会スナップ  1126日、沖縄市農民研修センター

開会前の準備、水野隆夫さんと小橋川共男さん

熱のこもる開会あいさつ伊波義安

さん 琉球諸島を世界自然遺産に!

市長の英断を訴える実行委員長

桑江テル子さん

熊本から駆けつけた日本ベントス学会の逸見泰久さん、干潟の専門家です 

泡瀬干潟のタコ採り名人石川栄喜さん ウデナガカクレダコ(シガイ)採り

「千の風になって」の替え歌で泡瀬保全を訴える伊佐光子さん

西表島から石垣金星さん(ユニマット裁判原告代表)が支援に来ました

裁判と大衆運動の両面の運動強化を訴えました

司会、メッセージ紹介で大活躍の

KEN子さん。集会賛同者をインターネットで600名集めました

本職はミュージシャンです

アピール提案の漆谷克秀さん

閉会あいさつの小橋川共男さん

集会は、前列に少し空席がありましたが、準備した300余の腰掛では間に合わず追加しました

主催者の集計では、参加者は350名余です。タイムスは300名、新報は200名余と報道していました

知念良吉さん、泡瀬干潟を守る連絡会の集会ではいつも支援です

今回は、ジョニー宜野湾さんも支援に駆けつけてきました

壁には、集会へのメッセージが所狭しと張り出されていました

呼びかけ人は、県内外から1300名余が賛同しました。メッセージは約300通届きました。

坂本龍一、大貫妙子、椎名誠、小山内美佐子、花輪伸一、開発法子、糸数慶子、永六輔さんなど著名人が多数いました。